タフな4日間。ポリープ切除後の出血。
ようやく家で寝ることができそうだ。日曜日以来。
タフな4日間だった。
・・・幸い、これまで健康に過ごしてきた自分にしては。だが。



この4日間に遭遇した事態を、けっこう生々しく書きます。
同様なことで悩んでいたりする方、参考になれば。
もっと厳しいことで戦っている方、こんな生ぬるいことでごめんなさい。ワタシにとってはハードだった。



先日の日曜日、2012年2月26日のブログに書いたとおり、
> 明日は病院に検査に行く。
> 健康診断で指摘された、腸を診てもらおうと。

27日(月)に仕事を休んで内視鏡検査に行った。


●検査~ポリープ除去
日曜の21時以降、絶食。=>月曜当日は朝から2リットルの下剤を飲まされ・・・ 腸をきれいにする。
これは自分にとってはさほど苦痛でもなかった。

これは、腸をきれいにした後で検査を待つとき。スニーカー履いていった。
f0054969_2065492.jpg


で、いざ検査。
検査前に医者に言われたのが、
(1)異常がなければ、終了後に帰れます
(2)ポリープが見つかったら、確認後に切除します -> その場合は一日入院して様子をみます
(3)切開が必要な状況であれば、それは別途

正直、(2)までは想定内。
このところ調子が悪いといえば腸だ。飲みすぎだろう。
これだけ不摂生して、ロクに検診もせずにいれば・・・
ポリープぐらいあるかも知れない。 (職場の人にも、それはあるかも、と告げていた)
(3)となると、想定しないわけにはいかないが、さすがにビビるのは確かだろう。


で、やはりポリープが見つかった。
「大き目のポリープができていますね。1cmぐらいかな。」
「そうですか。」
「切除しますか。一晩とまる、一週間は激しい運動、飲酒禁止などあるけど。」
「・・・飲酒禁止! ・・・一週間後に歌を歌うんですよね~。」
「歌? 激しく歌うの?」
「・・・ま、激しいというか、、、 腹に力は入れますね。」

というようなやりとりがあり、結局切除してもらった。
一週間たてば、歌ぐらい歌えるだろう。

切除&止血用クリップ止め。
「よし、うまくいったはず。」と、医者。
「ただ、ごく稀に、出血する場合もあるので、一日は泊まっていって、様子をみさせてください。」


●入院1日目
入院する部屋に連れて行ってもらい、説明。
「明日まで様子をみさせてもらい、特に何もなければ午前中で退院です。
 今日は食べるのは禁止。異常なければ、明日の朝、おかゆがでます。
 飲み物は刺激のあるコーラなどは控えて。コーヒーも避けてください。」

キツいなー。腹ぺこぺこだぜ~ 大好きなコーヒーもダメなのか~
まあ、仕方ない。

仕事場に連絡。
「明日の午後には行きますわ~」
黄色い止血剤を点滴した。
f0054969_20124882.jpg

夜、他の入院患者さんたちが夕食をとる中で寝るのはツラかった。
テレビつけると「おいしそうなうどんですねー!!」とかやってるし。


●2日目。退院
待望の朝ごはん。
普段なら3分で食べてしまいそうなものだが、ゆっくり10分ぐらいかけて食べた。
f0054969_20181574.jpg

その後、特に問題はなしということで、昼前ぐらいに退院。

予定通り、午後出社で仕事場へ。
ここまでは想定内。普通の話。


●2日目。仕事場で異常
午後1時には天王洲へ。夕方までに、片付けなければならなかった件をやっつけた。
その後、日本橋の自社へ。こちらもやらねばならぬノルマ2件。

自分にしては慎重だが、退院後も、あまり急には食べないようにした。
カロリーメイト的なものとか、差し入れでおいてあったクッキーなど。

1件目のノルマ、打合せを終わったあとぐらいから、おなかが張ってきた。
その件も終わろうとする頃にトイレへ。

出てきたものを見て驚いた。
多少の便も混ざっているのだろうが、真っ赤な出血。
「こ、これは・・・」

まあ、もしかしたら昨日の切除の残りかな、などと思いつつ、
打合せの仲間にはひとまず告げずにノルマ終了。

2件目のノルマ=見積り作成中にも、同様の出血。
「やばいかも・・・ やばいかも・・・」

とりあえずここまでやってしまえば、明日は何もないはず。
いや、打合せがあるが、これはゴメンナサイしよう。。。 と、
見積作成=>送付完了。
23時過ぎまでかかった。仕事場は最終退出。
その時点まで、出血は合計3~4回ぐらいあったかな。


「ひと晩家で様子を見れば収まるか?」なんてことも思いつつも、帰宅途中に病院へ連絡。
そのまま再入院することにした。
家の近くの病院だったので、いったん帰宅して準備。
そのとき、トイレにいったときには、完全に「鮮血」だった。

病院に向かう途中、通り道にある商店街を撮影。
f0054969_20371997.jpg



●3日目。再入院
病院に着いたのは、0時を過ぎていたので3日目。
専門医はいなかったので、翌日まで止血剤(黄色いやつ)を点滴し、安静にしていることに。

「次に出たら見せてください」と、看護婦さん。

夜中にまた鮮血。
朝方また鮮血。
止血剤を打ってもらっていたにも関わらず。
「ひと晩家で様子をみれば・・・」なんて選択肢をとらずによかった。


このあたりから看護婦さんの様子も変わってきたように思う。
ベッドの横に簡易トイレをおき、以降はそこにするように指示された。
出血量と頻度をみる、とのこと。

朝になると看護婦さんから、「もうすこし詳しく問診」をされたが、その際、
「近くにいる兄弟など、身内の方の連絡先を教えてください。いや、念のためです。」
たぶん、血液のことがあるので・・・ということだと、あとで思ったが、 正直ビビった。


●3日目。止血処理
もう一回、鮮血があったのかな? 完全に明るくなってから。
その後、院長先生とか、最初のときと違う先生とかが来て、
「今日、止血処理を行いますので、お待ちください」

また下剤2リットル飲むのかなー、と思ったが、
その後、最初に切除してくれた先生が来て、

「出血しちゃったんだって? ごめんごめん、クリップしたんだけどねぇ。」
「ええ、してましたよねぇ。」
「何かでずれたのかなぁ。完全に、ってのは難しいんだよ。」

この書き方だと「なんだよ、その医者!」と感じるひとは多いと思うけど、自分は全然思わなかった。
事前にWEBの情報で、
・ポリープの位置がたまたま血管に近い場合などは、出血する場合がある(血管の位置はわからない)
・念のためにクリップで押さえる方法もあるが、これも100%ではない
と読んでいた。

この先生は、検診・施術中も映像を見せてくれながら正直な説明をしてくれたと思う。
しかも、仕方ない、とは思いながらも「ごめん」と謝ってくれた。
信用できた。

「今日、浣腸して腸をきれいにして、午前中のうちにもう少し念入りに止血処理をするよ。
 明日まで様子みて問題なければ退院ってしようか。仕事とかもあるだろうし。」
「はい。助かります。」


1リットルの浣腸後、「な、なんだこれは?」というようなもの、便なのか?血の塊なのか?
みたいなのが続々出てきた。
1リットルの浣腸液に薄められた血の色ではなく、どす黒い赤。


で、再度内視鏡。
切除した部分を確認。
「ああ、やはりクリップの脇から染み出している。ここだ。ほら、見えるかな。」

洗浄液をかけ、数秒後にはクリップの横から じわ~ と血が滲んでくる。
こりゃ、あれだけの鮮血が出るわけだー

さらに2つクリップを追加。血は止まった。

「初回の手も失敗ではなかったはず。翌日20時ごろまでは止まっていた。
 それが何か原因で脇から血が出てきてしまった。それに対して今見たようにダメ押しで手を打ちました。
 それでもまたダメなことも絶対ないとはいえない。そうしたら別の手を考えましょう。」


病室へ戻った。
f0054969_2184159.jpg



●3日目~4日目。退院
初回は、スポーツドリンク・お茶はOKだったが、今度は「水のみ」だった。
うー、味気ない。

日曜日の夜から、摂取した食べ物は
「初回切除後のおかゆ」「退院したときのクッキー類(微量)」のみ。
さすがに栄養的にまずかろう、と、ナトリウム・ブドウ糖系の点滴がずっと続いた。
f0054969_21133813.jpg

ここまで来ると、腹がへったっつーか、なんつーか。

止血処置後の夜は、出血は止まった。
翌朝(4日目)、前日の残りのような黒い血が出てきた。
一瞬ドキッとしたが、看護婦さんも
「鮮血は止まりましたね。これは残っていたやつっぽいですね。」

朝メシ。
おかゆでなくて、トーストだー!
f0054969_21164356.jpg

ゆっくり、ゆっくり食べた。 うまかったー!!

その後も異変なし。
昼メシ。
おかゆか。 でも、ゆっくりゆっくり食べて、けっこう「うまい」と思った。
f0054969_21182037.jpg


お昼過ぎまで様子をみて、退院。
よかった。

(そんな、自分にとってハードだった4日間だったからか、)
点滴にマジックで書かれた、左下の文字が、 「生きる」 に見えたので撮影。
実際はなんて書いてあるのか? は不明。
f0054969_2121403.jpg



●帰宅後
しっかり止めてもらったとは言え、やはりやや不安なので、しばらくは慎重にいこう。

もうちょっと待っててくれ。と、バートちゃんを撮影。
f0054969_21234158.jpg


体重量ったら、2kgほど減っていた。
さすがにのぉ~
f0054969_21251051.jpg


ちょうど、ウチの壁掛け時計が壊れてしまったので、「復活記念」に購入。
さあ、新たなときを刻め!
f0054969_21243354.jpg



---
以上が、私のタフな4日間。
さあさあ、まだまだ油断できないぞ。 これからも闘いだぞ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
by hyustart | 2012-03-01 21:29 | 歩く | Comments(4)
Commented at 2015-09-10 19:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hyustart at 2015-09-11 22:13
hrmnさん、コメントありがとうございます。

私もその当時、「なんじゃこりゃ!」と、
とても不安だった記憶があります。

# が、何とかなったなー。
# と、楽天的なわたしは、あまり深く考えてません。。。

いまどきの医療はかなり進歩しているとはいえ、
人それぞれ、いろいろなパターンがあるのかな、と。

これからも、何かと困難は出てくるんでしょうが、
できるだけ楽天的な方向で、
「なるようになるさ。」
とか、深刻な場合でも、
「生きるには、こうだろう。」
とか、考えられればなー、

と、思ってます。
Commented at 2015-09-13 23:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hyustart at 2015-09-16 22:28
hrmnさん、コメントありがとうございます。

自転車にせよ、にゃんこを可愛がる(いじる)にしても、
なんらか、「楽しめる」ってことに感謝できれば、
だいじょうぶですよね。

なーんて思いながら、これからにゃんこをいじろうかと悪だくみ。。。
<< 久しぶりに、普通のメシを食った。 今朝は、 >>



ミュージシャンとして、会社員として、のんべえとして「生きる」KEN_BCが、体験し・感じ・考えたことを綴る、「気まぐれ表現サイト」
【公式ホームページ】
KEN_BC is here. [けんびしの創造基地]
あらかると
最新のコメント
キース・レチャーズさん、..
by hyustart at 21:32
kenさん、小指の骨折の..
by キース・レチャーズ at 18:24
hrmnさん、コメントあ..
by hyustart at 22:28
hrmnさん、コメントあ..
by hyustart at 22:13
はなさん、こんばんは。 ..
by hyustart at 22:36
こんばんは(^^) 大..
by はな at 20:15
ありもしない虐待デマを垂..
by みなせあやこ猫〔みゅん〕 at 08:41
この猫ちゃんたちは何年も..
by 猫好きキャット at 15:01
みささん。コメントありが..
by hyustart at 01:44
初めまして。首の病気の経..
by みさ at 11:27
最新のトラックバック
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
女性の心
from 女性の心
★紀香&陣内、テレビでは..
from ★紀香&陣内、テレビではNG..
レトロ布通販
from レトロ布通販案内
八王子市物件
from 八王子市物件情報
錦糸町バイト
from 錦糸町バイト特集
ギター上達!でも楽しく!..
from ギター上達!でも楽しく!楽し..
けんびしさん
from 言葉の虫日記
キャッシング
from キャッシング情報
無料音楽フラッシュはおも..
from 音楽フラッシュ 音楽でフラッ..
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧