人気ブログランキング | 話題のタグを見る
なかじまよしおライブ
なかじまよしおさんのライブを見に行った。

休日特有の中央線の、誰しもかかる罠(?)にかかり、目的地の高円寺を通り過ぎ、
荻窪からUターン・・・
ペンギンハウスに入るのはは、途中からになってしまったが・・・楽しめた!

演奏は最高によかった。さすが。

あと、演奏以外に気づいたのは、
 - やっぱり譜面台は「心の保険」だなぁ(なかじまさんは譜面台置く)
 - ふたりでやるって、いいなぁ(ステージ上でこころ強い)
ってこと。

その他、いろいろ表現したことはあるけど、
「見に来てよかったー!」
というライブでした。
# by hyustart | 2006-01-29 23:04 | 歌う | Comments(1)
歌っている最中の、脳内分析
ライブなどで、譜面を見ながら歌う人がいるが、自分にはできない。
譜面台立てたとしても、見ることができない。

譜面みながらライブやる人って、何を見ているんだろうか?
コード?歌詞?

コードならまだわかる。次はA、その次はEm、って。
・・・が、それは明らかに練習不足だよなー。

歌詞は絶対だめだ。譜面の歌詞など見ながらは歌えない。
譜面を見ながらでないと歌えない歌なんぞは、ライブでは絶対できない。

おそらく、譜面を見ながらライブをやる人は「心の保険」的な意味が
強いんじゃないだろうか。

---

今朝、9時から個人練習だったのだが、しばらくやっていなかった歌を歌い、
けっこう歌詞が出てこなくて止まるところがあった。

自分の脳のメカニズムを分析するに、
「歌詞を塊(カタマリ)として把握してるんだなぁ」・・・と。

いつもやっている曲は何も考えないのだけど、ちょっと時間を置いて怪しい歌は、
ワンコーラス終わったあと、「次はこうなってこうなるんだった」という塊が
出てこないとダメだ。真っ白になっちゃう。
それが出てくるとスラスラ歌える。

歌詞ってノートに書くと文字で記されるけど、歌っている最中は画像・映像の
塊に近いかも。

アクシデントでピックを落としたりすると、映像が乱れてボロボロになる。
# by hyustart | 2006-01-29 16:04 | 歌う | Comments(0)
例外なし
なんだかいろいろと信じられない事件などが起きるこの世の中。
昨日までヒーローだった人が、ある日突然引きずり降ろされるようなこの世の中。

今日、ふと思った。
極論だけど、確実に言えるのは、
自分はいつの間にかこの世に生きてるってこと。
そしていつか死んでしまうってこと。

後者には例外はない。「不老不死」なんて例外はない。
奇跡はありえない。

その中間のプロセスで、人は何かと喜んだり、悲しんだり、ヤキモキしたりする。
でも確実なおしまいは来るわけで、自分はその間のプロセスを、自分なりの生命で
作っていけばいい。

そう考えたら、この世が楽しく思えた。

---

なーんてことを、公園でひとりで考えてる人の足。
例外なし_f0054969_0421232.jpg

# by hyustart | 2006-01-29 15:41 | 考える | Comments(0)
バアちゃんと花
散歩しているとたまに、
花屋さんで花を買おうと見繕っているおばあちゃんを見かける。
また、自分の家のフラワーポットの花を手入れしているおばあちゃんを
見かけたりする。

何となく微笑ましく思う。

全体的な傾向は、「女性は花が好き。男性は興味がない。」であろう。
自分は、男にしては割と好きなほうかもしれないが、
散歩中に「おー、きれいだねー」などと眺めるだけ。
花の種類なんて無頓着。
(「ひまわり」とか「薔薇」とか、メジャーなヤツ(?)ぐらいはわかるが)

毒舌なジョークで、ある程度の年齢になった女性を「もう女じゃない」なんて言う。
(自分も冗談で言うときはある。ま、ある意味本当だよな。)

でも、もうさすがにあの世が近いだろう、という風に見えるおばあちゃんが
花をいつくしんでいるのを見ると可愛らしく思うし、ちょっとなごんでしまうな。
# by hyustart | 2006-01-28 19:10 | 歩く | Comments(0)
うた歌いの責任
昨日、前にいた会社の人たちと呑んだ。

2次会で神田のイゾルデへ。
その会社つながりの知人がやっているお店。
音楽色が強いお店になっていて、演奏ができる。
その知人もセッションのときには演奏したりしているようだ。

店に入るとけっこうな賑わい。
演奏はやっておらず、楽しく談笑している人たちで盛り上がってる。

一緒に呑んでた、元会社の人が歌え歌え、とはやし立てる。
他のお客さんは、そんな雰囲気ではないんだがなぁ、と思いながらも、
自分も酔っ払っていたので「ま、やっとくか。」

お店の知人に、歌ってよいかと訊くと、
「いいけど、ちょっと抑え目の曲にしといて。」
そうだよなー。話が盛り上がっている団体さんにしたら、邪魔だよなー。

「キャッチボール」を歌った。
見事に総スカン
それでも一生懸命やった。なんともいえない種類の(?)パワーが必要!
最初から最後まで、目に映るのは呑み相手との話で盛り上がる笑顔のみ。
(元会社の人たちは後ろのほうに居たので見えなかった)
2コーラス終えたぐらいから、緊張感喪失との戦い。

「ここでやる気なくして"流したら"、ミュージシャンの恥!」
と自分に言い聞かせたって感じ。

そもそも、呑んで盛り上がる人を振り向かせられないのは実力がないだけ。
まあ、それはそれなのだが、
ここで "流したら" 自分はダメミュージシャンになると思った。

戦って戦って、1曲を一生懸命終えて、呑み席に戻った。
総スカンをくった自分を少し可哀想に思ったのか、「歌え歌え」と言っていた元会社の人も、
「この雰囲気じゃあちょっと厳しかったな。」
店の知人も、
「ごめんね。"抑え目に" なんて言っちゃったから、聴いてもらえなかったのかな。」

いやいや全然。気にしてないっすよ!
自分としては「戦った!やり切った!」という充実感が残ったのであった。
# by hyustart | 2006-01-28 18:36 | 歌う | Comments(0)



ミュージシャンとして、会社員として、のんべえとして「生きる」KEN_BCが、体験し・感じ・考えたことを綴る、「気まぐれ表現サイト」
【公式ホームページ】
KEN_BC is here. [けんびしの創造基地]
あらかると
最新のコメント
最新のトラックバック
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
女性の心
from 女性の心
★紀香&陣内、テレビでは..
from ★紀香&陣内、テレビではNG..
レトロ布通販
from レトロ布通販案内
八王子市物件
from 八王子市物件情報
錦糸町バイト
from 錦糸町バイト特集
ギター上達!でも楽しく!..
from ギター上達!でも楽しく!楽し..
けんびしさん
from 言葉の虫日記
キャッシング
from キャッシング情報
無料音楽フラッシュはおも..
from 音楽フラッシュ 音楽でフラッ..
検索
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧